小豆島 銀四郎の手延べ素麺物語。丹念にじっくりと熟成された銀四郎の手延そうめんができるまで。

胡麻そうめんのイメージ

四百年の伝統を誇る小豆島素麺。 厳選された小麦粉に、良質の 清水。秘伝の塩加減と、純 正のゴマ油。 素材を吟味し、頑固なまでも、 手延べにこだわり、一本一本、 丹念に延ばしあげられた「小豆島・ 銀四郎の素麺」は、日本の心の味として、 広く全国にご愛顧を賜っております。

手延べの伝統を今もなお、守り続ける手づくりの麺…。

全工程が2日間に渡る、伝統的な手延べ製法。
その製法を守り、心を込めて作られている、銀四郎麺業の素麺づくりをご紹介させていただきます。

1.「こね」

こねの写真

天候と気温や湿度を見て、塩かげんを決め粉を練り込む。
食塩水の加減が毎日調整され、一日の麺の出来が左右される重要な作業です。

2.「いたぎ」

いたぎの写真

こね上がった生地を、手首位の太さに切り出し、桶に渦巻状に巻込み、何本かを合わせ、太い縄状に仕上げる。

3.「ほそめ・こなし」

ほそめ・こなしの写真

親指位の太さになるまで「ほそめ」作業を繰り返し乾きとひっつきを防ぐため小豆島素麺の特長であるゴマ油を表面にぬる。

4.「かけば」

かけばの写真

よりをかけながら、細くのばし、2本の竹棒に8の字状に巻き付けてゆく。

5.「こびき」

こびきの写真

『寝びつ』で数時間熟成させた麺を約半分位までに引き延ばし、さらに『寝びつ』にもどし熟成『うまし』を行う。

6.「かどぼし」

かどぼしの写真

熟成後、程良い頃合いをみて麺をハタにかけ約2メートル位まで引き延ばす。

7.「箸わけ・乾燥」

箸わけ・乾燥の写真

延ばし上げた素麺を徐々に乾燥させながらひっつかないよう1本1本丁寧に箸で分けてゆく。

8.「小割り(こわり)」

小割りの写真

乾燥の終わった麺を、切り台の上で19cmの長さに切りそろえる。

8.「結束(けっそく)」

結束の写真

1束約50gずつ丁寧に束にし1箱360束18kg詰めにする。

ページの先頭へ

© Ginshiro mengyou Co.,Ltd. All right Reserved